金属加工

放電

放電加工とは、水や油等の液体の中で向かい合った金属の間に電気による火花を起こし、
その熱で非接触にて金属を溶かして加工する方法です。
放電加工にはワイヤー放電加工機と形彫り放電加工機を使用します。
ワイヤー加工機は、細いワイヤー線を電極として、切るように加工を行います。
形彫り放電加工機は、加工したい形状を反転した形で電極を製作し、電極の形状を対象物に彫るように加工(転写)を行います。
Finecs Vietnamは現在、コンポーネントの厚さ20〜30 mmの0.2以外の穴の放電処理を、3〜5マイクロの精度で受けることができます。
ソディック、三菱などの日本の有名ブランドの専用機と最新モデルを搭載しています。
同時に、10年間の処理により、米国、日本、ヨーロッパ(フランス、ドイツ、オランダ)のパートナーや顧客の複雑な製品からの厳しい要件の安全性も確保しています。) 。
ほとんどのコンポーネントはFINECSで電気処理され、0.4Raの表面光沢を保証します。 SKD11、SKH51、超硬(合金鋼)の一般的な構成材料。カテゴリに関しては、私たちが作ったコンポーネントは、あらゆる種類のPuches、プラスチックモールドのインサート、スタンピングおよび成形製品です。
表面処理の重要なポイントは、製品の傾斜角度位置をうまく処理するための専用治具を作成した経験があります。

ベトナムでミクロン精度の機械部品の 加工、金型・治具等の製作・販売を行っております。お気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせはこちら
月~金(祝日除く)9:00-17:00
ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください。
お見積もり
ご希望の方はこちら。