金属加工

 形彫り放電 

形彫り放電加工とは、加工したい形状を反転した形で電極を製作し、
電極の形状を対象物に彫るように加工(転写)を行う加工方法です。
一般的に電極は銅を使用し、マシニング等で形状を加工した後、型彫り放電加工機に取付けて加工を行います。
主にプラスチック等の成形金型や高精度部品に多く使用されます。
FINECS Vietnamではソディックや三菱など日本メーカーの最新機種を導入し、
一定の温度に管理された室内にて、高精度加工や複雑な形状にも対応させて頂いております。
また細穴加工も対応しており、20〜30 mmの厚みであればφ0.2までの穴に対しご対応させて頂いております。
加工については全て社内にて行い、製品の用途にマッチした加工方法でのご対応をさせて頂いております。
表面粗さについは、ご指定通りの表面粗さを実現し対応をさせて頂きます。
材料については、SKD11・SKH51・SKS等の熱処理材や、超硬・アルミ・銅等にも対応しております。

近年では、米国、日本、ヨーロッパ(フランス、ドイツ、オランダ)等への輸出も増えており、
お客様からの厳しいご要望にも随時対応をさせて頂き、お客様から高評価を頂いております。


ベトナムでミクロン精度の機械部品の 加工、金型・治具等の製作・販売を行っております。お気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせはこちら
月~金(祝日除く)9:00-17:00
ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください。
お見積もり
ご希望の方はこちら。