プレス加工

プレスフィット(プレス加工端子)

製品のご紹介

プレスフィット端子とは、基板のスルーホールに端子を圧入し、その端子形状のバネ性によって保持力を持たせる構造を持った端子ピンです。本来はリフロー処理を併用する半田接合やSMT実装で電気接続を保ちますが、プレスフィットはその復元力のみによって保持することから、リフローの設備費や電気代など製造コストの大幅低減が実現可能であり、また環境負荷低減にもつながる部品です。

パソコンなど民生エレクトロニクス用では以前から使用されており、昨今は欧米を中心に車載エレクトロニクス部品でも使用が活発化してきており、今後も世界で益々の採用が期待されています。

プレスフィットは金属線材からの圧造加工したものと、金属条材からのプレス加工したものと2種類存在し、ファインネクスグループではどちらも対応可能です。ファインネクスベトナムでは主にプレス加工からのプレスフィット端子を提供可能です。30~60トンプレス機を用いてプレス加工します。現在、当社ではプレスフィットの形状はニードルアイ形状をお勧めしています。

プレスフィットの詳細情報はこちらをご覧ください。

https://www.finecs.co.jp/knowledge/press_fit.html

 参考規格  板厚t=0.05mm~、公差±0.005mm~
 材質

C5191(リン青銅)をお勧めしています。

 

C5191の金属特性である「ばね性」がプレスフィットピンの保持力を最大限にできるためです。
他、C7025(コルソン銅)もプレスフィットピン用途に適しています。

 

C7025はC5191と比較して電気伝導率が高く、

情報通信革命時代の電子部品の発展において注目されている材質になります。

 めっき

Ni下地+Snリフローめっきが一般的です。

 

ベトナムでのめっき、表面処理についてはご相談になります。

※プレスフィット部品(プレス加工)の仕様詳細につきましては、お電話やメール、WEBミーティングにてお伺いさせて頂きます。

詳しくはファインネクスベトナムまでお気軽にお問い合わせください。

製品イメージ

ベトナムでミクロン精度の機械部品の 加工、金型・治具等の製作・販売を行っております。お気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせはこちら
月~金(祝日除く)9:00-17:00
ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください。
お見積もり
ご希望の方はこちら。